本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
222-0036横浜市港北区小机町328-3

 工事長の話 NEW

                                   エアコンのファミリー
                  
                       無料見積もり0120-502-632

    工事長の話 NEW
      
    お客様宅へお伺いした時のお話です。
   






本日お打ち合わせにお伺いしましたのは、当社のお隣の横浜市緑区に引っ越して来られるS様のご新居でした。
現場が何棟も建つ大型マンションだった為にエントランスを見つけるのに手間取ってしまいましたが、すべりこみセーフ!管理人室の前でナビのコマーシャルではありませんが時間ピッタリ!でした。
LDK他洋間2部屋にそれぞれエアコン取り付けで合計3台です。
現在使われているエアコン2台の移設、新品を1台となります。








今日のご訪問先は当社から30分程の横浜市神奈川区に建つ大型マンションをリフォームされたM様でした。
このお客様はリピーター様で、6年ほど前にやはりお近くの一戸建てに私が
見積もりに伺い、工事をさせて頂いたのです。
今回のエアコン取り付けは、LDKと洋間2部屋に1台ずつの計3台に成り
ます。
室内機・室外機の据付位置の打ち合わせを詳細にしてお別れしました。
ちなみに工事日は明後日の朝9:00〜と決まりました。・・・感謝!







本日のご訪問先は現在リフォーム計画中で、横浜市保土ヶ谷区にお住みのM様宅でした
ご相談の内容は6畳2間を1部屋として使用する為、まずは室内機の大きさ(出力)と取り付ける事の出来る位置、そして一番の問題は室外機の置き場所でした。
現状は部屋の外にはベランダが無く、2.5m下に階下の屋根が有るだけ、今回のリフォームでベランダを取り付けるか付けないかわは現在考慮中との事でしたので、とりあえずお見積もりは室外機を屋根置きとベランダ置きの2種類でお出しする事になりました。
屋根置きの方は助手料金・屋根置き金具に関する料金と配管が長くなる分金額が高く成ってしまいました。







今朝ご訪問したのは当社から車で30分程に建つD様所有のアパート2棟の現場でした。
今回取り付けるエアコンは100v用が18台、200v用が4台の合計22台で、壁にはエアコン用のスリーブもすでに居り、スムーズな出来上がりを感じました、と言いますのもこちらの建物は、超一流のハウスメーカーA社の設計・施工なのです・・・室内もとてもアパートは思えない仕上がりです。
エアコン工事の仕様も内外化粧カバー付きのデラックス仕様に成ります。

工期は1月18日からの3日間と言う事に成りました。




本日のご相談のお客様は横浜市中区在住のI様でした。
今回は2Fの天井カセット型(埋め込み)1台と3Fに付いている壁掛け型2台の交換についてでした。
天井型は当然なのですが他の2台も既存の配管はかべのなかに隠蔽されているタイプですので、特殊工事になる旨その内容を詳細にお話させていただきました。
壁掛けタイプは比較的短時間で終わりますが、天井カセットタイプは天井での作業になる為にかなりの時間を要する工事と成ります。




今朝は川崎市幸区のH様宅のエアコン2台の交換に関して、技術相談とお見積もりに伺いました。
こちらのお宅は20年ほど前の増築時に取り付けられた、2台マルチタイプのエアコンを以前にご子息がご使用していたシングルタイプのエアコン二台と交換したいと言うご相談です。
但しマルチエアコンは電源を外から取り込むのに対し、今回のシングルタイプ2台は室内側に電源が必要なタイプであり、最終の結論としては既配の配電盤より天井を通し配線を引き込み、それぞれの部屋に専用のコンセントを作り取付ける事に成りました。




本日はリフォーム会社A社様の管理するご老人用のケアハウスのエアコン交換・新設の下見に横浜市青葉区にお伺いいたしました。
こちらは過去にも何回か工事に伺っているのですが、新規取り付けの箇所が少々特殊で配管が複雑に隠蔽されている為に、細かく手順をチェックいって来ました。




本日ご相談を受けたお客様K様のお宅は、横浜市緑区の閑静な新興住宅地に有りました。
今回のご心配は別のお部屋に付いているエアコンを移転したいのだけれど、サイズが入るだろうか?というものでした。
慎重にエアコンと取り付け場所の寸法を測り、ぎりぎりでしたがOKとお話しました。
現在夏の繁忙期と言う事も有り、お見積もり書の送付時に工事可能日も明記する事に成りました。




本日は新築のデザイナーズハウスにI様をお尋ねしました。
今回のご相談は希望の設置場所にご希望の機種が設置可能かどうか、エアコンの出力が見合うかどうか?等々細かく打ち合わせて頂きました。
特にこちらのお宅は傾斜地に立っている為基礎が高く、ご希望の3階部分までは当社の梯子が届きませんので、3階2ヶ所へは足場の有るうちでの工事と成りました。




今日お伺いしました川崎市麻生区のS様のマンションは、若干特殊な隠蔽配管 工事が必要でした。
写真にあるエアコンは交換なのですが、その他に部屋の反対側にもう1台を取り付けるのですが、その室内機の取り付け位置から、ベランダに設置する2段置き台までの距離が約11m有り、その間に配管本体を曲げて通さないといけない箇所が4ヶ所、その作業用の点検口が7ヶ所も有り、当社作業員の腕の見せ所?となりそうです・・・と言いますよりすでに工事のご下命を頂戴いたしましたので、よし!!頑張らせてい頂きます・・・です!!




本日お打ち合わせにお伺いしたのは、横浜市港北区のM様でした。
・こちらは今まで付いていたエアコンがマルチタイプの為、今回も同じタイプ出なければいけないか?
・現在屋根裏に通っている既存の配管他のやり直しが出来る?
・今までの室外機置き場(2Fデッキ上)では無く、1Fのカーポート脇に設置可能か?

当社の見解は今後の故障のことも考えるますと、マルチエアコンよりもシングルタイプをお勧めしました。
その他のご心配の件も、何とかクリアー出来ますとお話しました。




本日ご訪問したのは横浜市神奈川区に建つK様のビルで、4階寝室にあるエアコンの入れ替え工事です。
こちらの現場で問題に成ったのは、取り付ける場所が窓上で、尚且つ天井までの高さが25cm以下と低く、一般的なエアコン(高サ=30cm)を取り付ける事が出来ません。
現在ではそれに対応しているのは、東芝製エアコン・と富士通・三菱の一部機種のみと成っています。
又こちらの建物はエアコン用の配管が壁の中に隠蔽されており、少々特殊な工事になります。




今朝は都内のT様宅にエアコン1台の入れ替えと1台の新規取り付けのお打ち合わせに伺いました。
こちらのお宅は立替までの10年程の期間なので少々もったいない感じも有りますが
昨今の高温化傾向を考えた時熱中症の事も有り工事をさせて頂くことになりました。
機種選定については部屋が木造の2階と言う事も有り、2台とも少し出力の大きな物をお勧めいたしました。
結果は2.8k→3.6k、2.5k→2.8kで決定しました。   




本日のお客様は横浜市港南区にお住まいのM様です。
こちらのお宅では今回、全6台のエアコンの内2台を取り外し後、不要なため廃棄処分。
他の4台に付きましても既存の物を取り外し処分後、その後に新規エアコンに交換の打ち合わせをさせて頂きました。
現在のエアコンにはすでに外部の配管化粧カバーが取付けられており、今回はそれらを新しいパーツにリニュウアルさせて頂きます。
配管の施工だけでもかなり手間も係る事から当日は作業員を3名入れる約束をいたしました。




今朝お邪魔したのは、横浜市栄区O様のリフォーム中のお宅でした。
今回は5LDKのお家に5台の新規エアコンの設置と成ります。
1階の1部屋だけが壁の寸法が少し狭く、小型のエアコンを作っている東芝と富士通をご紹介しました。
現在のエアコンサイズの主流はH=300mm、W=800mmですが、上記の2メーカー は H=250mm、W=750~60mmの品物を販売しているのです。
幸いなことに他のお部屋は全て標準サイズでOKでした。
建物の外壁の落ち着いたブルーグレーに白い配管化粧カバーが付き、瀟洒な仕上がり予定に成ります。






今回は前回と同じ横浜市中区のマンションにK様ご夫婦をお尋ねしました。
たまたまなのですが、こちらのマンションのエアコン工事は3回目となります。
当社工事主任と助手の2名もこれで3回目の施工となりました。
こちらのマンションは今風のマンションで、壁の中に隠蔽された配管と、通常の露出配管の混在するちょっと複雑な現場ですが、当然問題なく終了いたしました。
工事完了の数日後にK様よりうれしいお礼状(当社HP TOPお客様からのお礼状をご参照参照下さい)を頂戴いたしました・・・感謝!感謝!です。






朝は横浜市中区の新築マンション内覧会にH様ご夫婦をお尋ねしました。
こちらのお部屋は取り付け予定のエアコンは全3台で、その内2台分は配管が隠蔽されているタイプ成っており、残り1台は通常の露出配管でした。
施工に特に注意が必要な隠蔽配管ですが、その上にこちら現場は排水だけが別の経路を通り外に出るため、さらに綿密なチェックをさせて頂きました。






今回のご相談は、当社と同じ区内のミニコミ紙を発行しているT社から事務所移転に伴うエアコン工事についてでした。
こちらは2年程前に取り付け工事をさせて頂いた現場です。
現在事務所に5.6kと印刷室に6.3kの計2台でまかなっています。
このエアコンを移転したいとの事でした。
現在の状態を拝見してから次に新しい移転先に社長と同行しました。
ところが新しいビルは規模が現在より大きすぎて、移設予定のエアコンではとても足りないことが分かりました。
結局現事務所で使っているエアコンだけを、新しいビルの事務所部分に再取り付けと決まりました。
もう1台は当社が買い取らせて頂きます。






今朝は当社から程近い、横浜市都筑区に建築中の現場にI様ご夫婦、お子様お2人とお待ち合わせしました。
今回の現場は南側の2.5階部分のロフト(小屋裏)部分の梯子工事の足元が狭いので、建築足場がある内にエアコンの工事をしてしまったほうが良いのでは?と言う現場の監督さんからの提案があり急遽現場での打ち合わせと成りました。
本来であればタイミングとしては少々早いかとも考えたのですが、壁の中の構造も見られるからとお伺いしました。
おかげさまで現場の監督さんともお話がゆっくり出来て、実際の工事も安心です。
ただ心配なのは大きな吹き抜けですが、これも天井のシーリングファンにサーキュレーターをプラスすることで、クリアー出来そうです。
エアコン6台設置の大きな建物でした。






本日のお客様は最初お電話でご相談が有りましたが、3階〜1階への工事が現場を拝見しないとお返事できないと成りました。
但しお客様はお立会いいただける日が限られているため、事前に建物の図面をPDFでお送りいただき、私(工事長渡辺)だけが横浜市港北区の新築現場を拝見に伺いました。
結果は足元が少し狭い、以外は何とか工事をクリアー出来ることが確認でき安心しました。






今回のご相談は川崎市中原区に建つマンションのオーナーA様からの、エアコン交換と機種選びについてでした。
当初オーナー様のご子息からのお電話で、現在室外機は屋上に有るのだけれど、安く済ませるのであれば、ベランダに置いても良いとのお話でした。
現場にお伺いして見ますと、建築時建物の壁の中に配管が隠ぺいされており、現在と同じ取付けかた以外では作業できないことが分かりました。
機種選びについてはご希望が冷房能力7.1kと言う大型でしたが、隠ぺいされた既存の配管がそれに対応できないので、5.6k以下の機種をお選び頂く様お話いたしました。








今朝のご訪問先は横浜市港北区に建つ新築住宅に、K様をお尋ねしました。
ありがたい事に現場には建築会社の監督さんがお立会い下さいました。
今回K様のご心配は2階と3階にエアコンをきちっと希望通り取付ける事が出来るかと言う事でした。
始めに頂戴したお電話では現場の詳細が伝わりにくかったため、特に3階エアコンの場合梯子(8.5m)の作業が可能なのかどうかを現地で判断させて頂くことに成りました。
2・3階とも少々神経を使わなければいけない作業となりそうですが、現場監督のアドバイスも頂戴して、K様には工事は可能とお伝えしました。






本日は横浜のR社様少所有の保土ヶ谷区にある邸宅で、担当者のM様とエアコン工事のお打ち合わせに入りました。
工事の内容は全3台が既存の隠ぺいされている配管・ケーブル・ドレーンと新規のエアコン(100V)との接続なのですが、前に取り付けてあったエアコンの取り外しに、無理があったようで、リカバリーには厳重な注意が必要です。






今回ご相談いただいたのは、横浜市港北区在住のK様でした。
ご相談の内容は単に既存のエアコンの入れ替えなのですが、実はこのエアコンを付けた後に部屋のリフォームをされており、その際に機械の後ろ側に新たな壁が一枚余分に出来ており、エアコンと配管そしてその接続部、排水のホースまでがそっくり隠ぺいされており、このままではエアコン室内機本体もはずせない状態です。

ご主人が無理やり開けた背後の点検口から覗き込み、1時間半ほど掛け新規取り付けの方法論を打ち合わせました。
結論は手間は掛かるけれど、何とか成るでした。






本日ご相談受けたのは、当社からお近くのK様です。
その内容は既存エアコン(写真)の取付け状態が良く無いという事で、取付け位置を変更した場合、お客様の希望され別の位置に設置出来るか?出来るとすればどの様な工事に成るでしょうか?という事でした。
結果は少々気をつけながらの工事には成りますが、問題なしという事に成りました








今回は川崎市中原区の小杉駅前に建つ、とても立派な高層マンションにI様をお尋ねしました。
こちは今年4月にエアコン2台を取付けさせて頂いた、リピーター様の現場です。
ご相談内容は、一番奥のお部屋にエアコン1台を取付け、その配管を壁のスリーブ(穴)から一度左隣りのお部屋に抜き、そこから今度は外のベランダへ出し、最後は前回付けたエアコンの上に2段置きにするのです。
室内外には配管の化粧カバーをご希望で、特に室内は曲がりのパーツを多く揃え、施工はデリケート・・・と言うことで今回の下見・見積もりと成りました。






今日のお客様は横浜市南区のN様N様で、2階建ての新築に5台のエアコン取付けに成ります。外壁のサイディングボードが真っ白なため配管の化粧カバーはホワイトに決定。
お客様と頭をひねったのはお2階の2部屋の屋根が建築基準法の斜線制限に掛かっているため、室内側にも配管の化粧カバーを付けたり、配線を伸ばすためのモールカバーを付けたりと、若干イレギュラーな工事が含まれる部分でした。
この他には問題は無く、工事はスムーズに行きそうです。






本日はある鉄道会社が運営しているシニアー向けのマンションのリフォームに合わせた、エアコンの交換工事の現地調査に行きました。
こちらは過去数回の工事実績はあるのですが、このマンションは全て特殊な隠蔽配管になっているため、毎回現地調査の後にお見積もりの提出をさせて頂いて居ります。
今回も全3台の内2台は要注意の工事に成ります。






今回の現場訪問は仲の良いお隣さんのお孫さんご夫婦Kさんを新築現場にお伺いしました。
つまり私(工事長・渡辺)のお隣がKさんの奥さんのご実家と言うことで、日ごろから仲良くお付き合いさせて頂いていました。
当日は建物の内覧の日で、建築会社さんの社員さんから詳しくエアコン取付け箇所の説明がしっかりうかがえてとても安心な現場調査と成りました。
取付けるエアコンは1階に1台、2階に3台の計4台。
配管の化粧カバーはスッキリとホワイトで仕上げます。







本日は東京都大田区のビル新築現場にSさまをお尋ねしました。
現場では設計士さんと建設会社の監督さんにお立会いを頂きました。
今回1番問題になったのは、3階と4階に取付ける4台のエアコンの施工方法でした。
まずは屋上に設置する室外機までの配管ルートをどう取るか?限られた狭いスペースの中に配管を隠蔽してどうやって外に出すか?室外機は屋上でどの様に安定させるか?最大の問題はどのルートを通して水を排出するか?
真剣に現場で意見を出し合いました。
最終結論は当社の工事担当者を交え、再度の打ち合わせを行うと言う事で、本日は現場を後にしました。






本日は川崎市麻生区の新築住宅にI様ご夫婦をお尋ねしました。
Iのご心配はPC上で見られる、種々の良くない書き込みを見て、エアコン工事が当社ではどの様に行われるのか、安心のために説明が欲しい
との事でした。
特に一番のご心配はご自宅の新しい壁に、エアコン配管用の穴(スリーブ)を開けなければいけないことでした。
この工事は私ども工事屋にとっても、絶対に失敗の出来ない大事な工事です。
壁の内部は外からは見えませんので、先ずこの建物が在来工法で建てられた物なのか、2x4の様なパネル工法なのか、プレハブ工法なのか等を確認します。
建築図面が有れば内部の柱や、筋交いの位置をチェクし、実際に穴を開ける時は、事前に長いピンで内部を探り、内部の構造体を傷つけぬ様細心の注意で穴あけをします。
特に今回のお宅は一部柱や壁の構造が特殊でしたので、確認用にハウスメカーさんより柱の位置の分かる設計図面を送って頂くことにしました。
何しろ工事は安全第一・・・ですから。




当社のお隣の神奈川区のH高校へ現場打ち合わせに伺いました。
職員室の奥にある事務室の壁に当社在庫のエアコンを取り付けることになりました。
こちらは外に面した壁にはスリーブ(配管穴)を開ける場所がありませんでしたので、窓に挟み込む窓パネルをしようする事にしました。




今回は横浜市金沢区にK様をお尋ねしました。
工事のご依頼はお母様のお部屋とDKに1台ずつの取り付けについてのご相談でした。
DKは既存のエアコンを付け替えるので、特には問題は無いのですが、お母様のお部屋は素敵な和室で、お客様が心配されているのは、壁が本物の京壁なのでうまくスリーブ(配管穴)が開けられるかと言うものでした。
拝見して見ると確かに本物の京壁でしたので、最大限の注意をお約束しました。




本日の現場は当社のお隣の神奈川区に有るS社のビルにエアコン交換のご相談に伺いました。
現場の部屋は30坪で8馬力のパッケージエアコン2基が天井に埋め込まれている状態でした。
お客様のご希望ではパッケージエアコンは其のままにして、お手持ちの壁掛けタイプ200v2台を変わりに付けられないかと言うご希望でしたが、室内外をチェック致しましたが結論は取り付け不可となりました。
結局最後は既存のパッケージを新しい物と交換がベストと言う事に成り、パッケージ専門の手が再調査に入ることに成り今日はお別れしました。




横浜市西区の現場にK様をお尋ねしました。
本日のご相談は室外配管化粧カバーの1部に使用されている蛇腹の部分がもろけてしまい内部の配管、ケーブル、ドレーンホースが露出している箇所が3箇所ありました。
2F〜GLが2本、3F〜GLが1本の計3本それぞれ蛇腹に破損が出ていました。
ただし困った事に化粧カバーメーカーが生産を中止しており、パーツがありません。
結局3本共既存の配管、化粧カバーの全てを取り替えることになりました。




横浜市港北区のマンションにN様をお尋ねしました。
LDKを含む4部屋で4台のエアコンの脱・着工事に付いてのお打ち合わせでした。
その内2台は下の階のベランダから梯子を掛けさせ頂かないと工事が出来無いのです。
こちらのマンションは緑いっぱいの丘陵地帯に建っているためエレベーターが設置されておらず、5階のお部屋まではパーキングからは6階分以上の階段利用と成り、エアコン・材料等の搬出入の経費が掛かってしまいそうです。





本日は事務所から至近の現場にN様をお尋ねしました。
工事内容は室内機側から増築の隣室に1つスリーブ(壁穴 )をあけ、次には隣室の壁にスリーブをあけ、ベランダに配管出しをし室外機を設置。
室内外とも配管化粧カバー設置と成ります。





今朝はオバマ大統領警備の警官を大勢見かける都内の赤坂に、エアコンのお見積りでS様を お尋ねしました。
リフォーム中の3LDKに4台のエアコン取付けと成ります。
但しこちらのマンションは建築当初は床置きタイプ2台で賄っていたのですが、今回は全4部屋に壁掛けタイプを新設する為、配管ルートの設定から壁への穴あけ位置のチェック等々綿密にお施主様と建築会社の設計士さんを交え2時間掛け打合せを行いました。
こちらのベランダには4台分の室外機が置けないため、マルチタイプの室外機2セットを2段置きすることに成りました。





今回は当社事務所より至近の新横浜に建ったマンションに、ご入居に成るをS様ご夫婦をお尋ねしました。
今回当社にご連絡頂いた最大の理由は、エアコン購入・工事を量販店からを予定して居たそうですが、工事の現場見積りに来られた担当者の対応が不安だった事と、最後には隠蔽配管を理由に工事を断られてしまい、困っていたところで当社のホームページに出会ったとの事でした。
現場を拝見して見ると確かに通常の現場より、隠蔽の工事リスクは高く見えましたが、作業に精通しているに当社担当者が気を付けて行えば問題は無い旨お伝えしました。
若奥様の安堵の顔を拝見して工事屋冥利を感じた瞬間です。





今朝は川崎市高津区の新築住宅にU様ご夫婦をお尋ねしました。
こちらには既にメール経由でお見積りをお出しして居り、工事日も既に決まっては居るのですが、取り付ける2台の内1台が工事が難しいダイキンのうるさらということも有り、1度現場を見せて頂かなければ考えたのです。
結果は拝見して本当に良かったです・・・実はLDKに取り付けるうるさらの取付け位置、外側の化粧カバーの取付け位置が難しく神経を色々使は無ければいけない現場です。
当社のチーフがお伺いする現場に成りそうです。








今日は東京都大田区にA様をお尋ねしました。
今回のご相談は、現在使っているエアコン4台を移転して、ご新居に再取り付けをしたいが、現在の室外機が全部自宅の屋上に置いてあるので、工事は問題なく出来るだろうか?・・・
と言う所から始まりました。
最初はお電話のご相談でしたので、細部が理解出来ないところが有ったのと、お引越し先の状況を拝見して見ないと、詳細なお見積りをお出しする事が出来ないということも有り現地の訪問と成ったのです。
現場を拝見した結果、既存のエアコンは大きな問題も無く屋上から取り外せることが分かりました。
その後お伺いしたご新居も、3F〜1FGLに設置する梯子作業が、当日作業員に・・・ファイト!!と声を掛け無ければと言う程度?で大きな問題も無く見積もりは無事終了。








今回のお客様は横浜市中区にお住まいのO様ご夫妻で、ご相談の内容は現在LDKに取り付けてあるエアコンを取り外し・処分をし、お隣の寝室と両方共用のにマルチエアコンを取り付けたいというご相談でした。
LDK のエアコンも寝室のエアコンも配管が途中から隠蔽されており、狭い点検口からの作業という事と、外側のスリーブ(配管穴)少し難しい位置にある事から、一人の作業員では無理と判断しました。
お隣の寝室への取り付けは難位度 A?








本日はご相談者K様を横浜市神奈川区の高層マンションにお尋ねしました。
今回のご相談の内容は、エアコン1台取り付け希望で、その際に室内外の配管化粧カバーを付けたいのだが、キレイに付けられるかと言うご相談でした。
実はK様宅の他のお部屋には以前に、他の業者が取り付けた化粧カバーがあるのですが、その際の仕上がりに奥様としては、大いに不満があったのです。
現場を拝見した結果、現場で寸法を計測したところ、かなりタイト乍きちっと施工できる旨を奥様にお伝えしました。工事には当社の工事主任を入れるお約束をしてお別れしました。








本日の私は横浜市青葉区に建つ、Y様のお宅にご夫婦をお尋ねしました。
現場は新築の2階建てで、とっても採光の良いお部屋のお家です。
取り付けるエアコンは現在のご自宅でお使いの物4台を移転し、1階LDKに1台、2階の3部屋に1台ずつの合計4台と成ります。
室外機の置き場所1ヶ所だけが玄関屋根置きですが、その他はベランダなどで特別な工事には成りません。
私の説明でお客様も一安心のようでした。








今回のご相談は、当社のリピーターさんのN様からで、このお客様は既にご自宅を含み3現場ほど過去に工事をさせて頂いて居り、今回はN様のお父様のご自宅のエアコン交換ということでした。
ただ今回のエアコンはビルトインタイプといって、本体が壁の中にぴったり収められて居る、最近ではかなりまれな工事と成りますので、当社の工事主任を同行しての下見と成りました。
現場は室内機は2階で、室外機は3階屋上に設置と言うちょっと変則的なものでした。
通常の壁掛けタイプのエアコンと違い、機種が特殊で限定されてしまうことから、間違いの無いように機種選びは当社が行い、お見積書を提出させて頂きました。







今日のお伺いする現場は2ヶ所とも横浜市戸塚区でした。
今日は日曜日でも有り、海に行く人で国道1号線が混雑すると思い、予定より1時間ほど早く事務所を出たのですが、道中まったくすいており1番目のY様宅には、約束の時間よりそれこそ1時間以上も早く到着してしまいました。
Y様は元々私のお客様でリピーターさんです。
今回はよそで頂いたという、ダイキンのうるさらの取り付けのお打合せでした。
次にお伺いしたのは同じく戸塚ののM様宅で、こちらは新築現場にエアコン5台の取り付けに成ります。
5台のうちの3台は現在ご自宅で使用中のもので、他の2台が今回新規に購入予定との事でした。
こちらの建物は在来工法で、LDKと隣の和室は壁の中にはダブルの筋交いが入っており要注意と成ります。








今日の私のお伺い先は2件でした。
1番目のお宅はエアコン3台取り外しのN様宅で、朝一番からお引越しの最中に、その横での工事と成りました。
今日は引越しの車と一緒に東京の世田谷区へ移動し、取り付けをすることになっていましたが、中々引越しがスムーズに行かず、今日中に全ての工事を終わらせることが出来るか、微妙になってきました。
次にお伺いしたのは川崎市中原区のN様宅の、新築現場にエアコンの冷媒管と、排水用の塩ビ管を隠蔽する工事の立会いでした。
こちらは以前の本宅の隣にお部屋を建て増し、全ての配管を建物の中を通す事に成りました。
当社のチーフがその経路には頭をひねっていましたが、ベストなコースを見つけ、無事終了!









本日のお客様は東京都世田谷の設計事務所のI先生で、元々のリピーターさんです。
こちらは5階建てのマンションで今流行のシェアハウスをなさっています。
こちらのエアコンは全て隠蔽配管で、特に室外機置き場が狭く、チョット問題なのです。
やはり今回、既存の室外機と新規の物のサイズが合わず、室外機の入れ替えに問題が置きました・・・新しい室外械が既存のスペースに収まらないのです。
結局出入り口の前にぎりぎりのスペースを発見して、少々邪魔ながらも一見落着・・・無事解決・・・工事は7月25日に決まりました。









今朝は一番で作業員4名と一緒に町田のK様の現場立会いに出かけました。
こちらは3階に付けるエアコンの1台が設計図通りでは設置できない為、建築会社にエアコン用コンセント位置の変更を依頼した現場です。
2階〜1階へが2台、3F〜1階へが2台、の計4台の取り付けでしたが、それぞれの室外機の置き場所が全て家の裏手と言うことから、配管の引き回しが有り、かなり長いものと成りました。
次にお伺いしたのは、リフォーム中の横浜市保土ヶ谷区S様宅で、こちらで問題になったのは、隠蔽配管のエアコン取り付け位置を10cmほど上にずらさないと、新設する扉がエアコンにぶつかってしまうと言うことでした。
近々に配管を延長することで打合せを終了しました。
次にお伺いしたのは同じく横浜市で、鶴見区のM様宅でした。
今回は1階と2階へ1台ずつの取り付け予定でした。
1回は特に問題は無かったのですが、2階LDKのエアコン取り付け位置に問題がありました。
縦長でおまけに若干鍵の手になったお部屋に対し、設計では横向きに室内機を取り付けるように成っていました。
このままでは室内全体にスムーズに風が回らないため、室内機の向きを縦方向に少々無理やりですが、変更するようにお話しました。









今朝も早朝に目が覚めてみると、室温は28度3分でした。
私の体感的にはその後も寝付けそうだったのですが、同室の妻・・・ではなく犬2匹がかわいそうなので、エアコンを付けてしまいました。
午前7時の起床時は29度2分で夏であることを思い切り知らされました。
夏は始まったばかりだと言うのに、早くもゲンナリ!です。
ぼやいてばかりも居られないので、9時には横浜市青葉区のY様宅(ご新築)に現場見積もりに伺いました。
高い天井とロフトの有る、素敵なお家でした。
エアコンの取り付けは1階に3台、お2階に(LDK)に7.1kの大型を1台の計4台。
お2階の室外機はベランダ置きで梯子作業も無く、おそらくスムーズな工事に成ると思われました。









本日の現場は、私たちにとって一番嬉しいお仕事のリピーター様からの依頼でした。
現場は横浜線長津田駅徒歩5分程のビル2階に今月オープンする学習塾でした。
現場ではオーナーのS様の代理で塾長のA様が立ち会ってくださいました。
今回のエアコン取付でオーナーが気にされていたのは、取付けスペースが狭いので、きちっと取り付けられるか心配・・・と言うものでした。
拝見して見ると確かに天井までの高さが30cm少々しかなく、現在の標準的な室内機の高さH=300mmのものは付かないと分かりました。
結局高さH=250mmのものをネットで購入して頂くことで、一見落着しました。









今日の私の外での予定は、先ず午前中に都内大田区のI様宅の現地お見積もりと、12時から最近通っているパソコンスクールでのホームページ作成の授業を受けることでした。
I様宅ではいきなり愛犬サブちゃんの熱烈歓迎?でスタートでした。
サブちゃんがお散歩に出かけてから、本格的にエアコン取り付けのお見積もりに入りました。
エアコンは1階に100vを2台、2階LDKに200vを1台、3階に100vを1台の合計4台の取り付けに成ります。
ご主人の伊藤様のご心配は、バルコニー(とっても広〜い!)には室外機を置きたくないとの事で・・・ではどこに置くか?・・・といっても室外機を4台置けるスペースは家の右側にしかなく、隣のお家に迷惑を掛けない位置を選定しました。
梯子作業(高所)は2階から1階が1ヶ所、3階から1階が1ヶ所かなりロッククライミングの用7名作業に成ります。









本日はお久し振りのお客様からのお電話で、横浜市西区にS社長をお尋ねしました。
S社長は保土ヶ谷駅から程近い、5階建てのマンションを所有されており、過去何回も工事を頂戴して来ました。
今回はご自身のお部屋をリフォームするにあたり、エアコンどんな物にしたらば良いか、現在は2台マルチエアコンなのだけれども、今後はどうしたら良いのか?・・・と言うご相談でした。
本来は1台ずつセパーレートのエアコンが良いのでしょうが、結論としては、今回は建物の形状、電源の確保を考え、再度マルチということに落ち着きました。








本日の現場訪問は2件・・・横浜市戸塚区と青葉区でした。
最初にお伺いした戸塚区のI様の新築現場にはエアコン5台の取り付けです。
1階には2台、お2階には3台、そしてお2階用の室外機は全て1階の地面に下ろすご希望でした。
外壁には5箇所の穴あけ、全ての配管にはブラウンの化粧カバーを取り付けと成ります。
お客様とはハウスメーカーさんからの建物引渡し日が確定次第、お早めにご連絡を頂くということでお別れしました。
次に向かったのは横浜市青葉区で建築中のN様宅で奥様と落ち合いました。10区画ほどの分譲地内に建つ2階建てで、1階はLDKを含め2台、お2階は3台で、内2台が室外機を1階地面置きと成ります。
既に壁にはスリーブ(配管用の穴)あいて居ましたが、その1部が奥様のご希望通りにエアコンを取り付けられそうも無く、奥様は少々落胆されていました。
但しそれ以外には室外機の置き場にも特に問題は無く、こちらも建物の引渡し日が決まり次第、ご連絡をご連絡を頂戴することで急はお別れ致しました。









今日は私としては久々に都内での見積もりと成りました。
お伺いしたのは目黒区内のH様宅で、実はこちらはWeb上で既にお見積もり済みで、工事の日も来週に決まっているのですが、お電話等でのお話の中に、今回取り付ける4台のエアコンの中に1台、隠蔽配管の箇所が有り、別件でこられた工事屋さんが言うには、多分このままではエアコンの排水がうまくいかないだろう・・・という事で、お客様は不安になられて、至急現場調査に着て欲しいとご連絡が入りましたのです。
実際に拝見してみると、室内外の排水端末に不安要素が見られ、このままでは隠蔽工事件数の多い当社でも、安心した工事が出来そうも無いので・・・頭を抱えてしまいました。
結局この工事は建築会社の責任で、やってもらおうと言う事に成り、内心ホットしてお別れしました。









今朝の訪問先はH様宅で、当社からは隣の神奈川区の入ってすぐ・・・20分程で到着しました。
こちらのお宅の今回の工事は、現在付いているエアコンの内の4台。
拝見して見ると現在は2台マルチが2台という事で、室内機は4台、室外機は2台を全てをシングルタイプに交換予定です。
現在は全ての配管が隠蔽されており、おまけにマルチエアコンの電源は室外から取ら無ければいけないので、工事内容はかなりの部分で制約があり、ベストな工事内容をご理解いただくのにお時間が掛かると思いきや、お客様の頭の中にはしっかりしたプランが出来ており、知識が豊富で大変に助かりました。
結局、隠蔽配管の内2経路だけは露出配管に変更し、残りの2経路を配管内をクリーニングして再利用する方法でお見積もりをお出しすることに成りました。









今日は横浜市西区にある、当社とは10年以上のお付き合いのある不動産会社、Lサービスさんのリフォーム現場にお伺いしました。
今回現場で立ち会っていただいたのはLサービスの社長さんでした。
現場は背中合わせのお部屋に2台のエアコンの取り付け、合計2本の配管を壁の中に隠蔽し、外壁下部のスリーブ(1ヶ所)より外部に取り出します。
ところがそのスリーブの直径が小さくて作業が不可能な為、直径を100mm〜110mmにスケールアップすることにしました。
但しベランダ床には室外機が置けない為、2台とも壁掛けとすることに成りました。








本日私がお伺いしたのは、横浜市青葉区のK様宅でした。
余談ですが今日は昨日梅雨入りしたとは思えない程の、すっきりした陽気です。
K様のご相談は、既存のエアコンが古くなったので、入れ替えたいということで、全てのエアコンは隠蔽配管だとお聞きしました。
先ずお庭に設置している室外機を拝見してみると、エアコンは全部で5台と伺っていたにも係らず、3台しか有りません。
そうすると、内1台の室外機分はマルチエアコン?と思いいくら調べてもマルチでは無く、どう見ても初めて見るタイプなのです。
後にメーカーに問い合わせた結果、15年程前までハウスメーカーが使用していた、全館空調システムのエアコンだったのです。
おまけに拙いことに現在・・・と言うより既に2002年に廃番(生産中止)に成っていたのです。
いずれにしても現状では、どの様にリカバリーと言うかエアコンの付け替えが出来るのかどうかの、判断が付けられない為、お客様にはこの件は宿題にさせて頂きお別れしました。


今日の私はお客様宅へのご訪問ではなく、ぼけ始めた頭に鞭打って、横浜の鶴見にあるパソコンスクールにホームページ作成の勉強に行ったのです。
そもそも現在のホームページも私が作って管理しているのですが、今はスマートフォンやらWindows8 に、私の使っているソフトが対応しにくく成ってしまって居るのです。
そこで思い切ってホームページの作りかえを決めました。
ところが今度はどんなソフトではじめるか・・・どれもこれも60歳を大幅に過ぎた(実は68歳)頭には難し過ぎて、熱が出そうに成りました。
とは言っても当社のお客様は、ネットでのお申し込み・お問い合わせがメインですのでギブアップは出来ませんでした。
そんな中、このソフトに決めた!というのが、元々はIBMが発売していた「ホームページビルダー17」・・・なのですが、年寄りの頭にやさしいマニュアル本が無いのです。
ネットで取り寄せてみたのですが早々とギブアップする始末・・・自分でもそれはガックリと落ち込みました。
曲がりにも今までは独学でホームページを作成・立ち上げをしてきたのだけれど、さすがに今回はチト拙いかな?と思い始めてきた時、見つけたのが鶴見のパソコン教室「キュリオステーション」だったのです。
何が私にとって福音だったのか・・・なんとここの店長で講師が元IBMの社員で、おまけに「ホームページビルダー」の開発責任者だったのです。
なんと言う幸せ!・・・と能天気にも、もうホームページが出来たような気になったのです・・・が、本当は根気の要る作業がこの後待って居るのです・・・ガクッ!







本日のご訪問先も2件で、最初のご訪問は横浜市神奈川区にお住まいのH様
の新築マンションをお尋ねしました。
こちらは今ご主人が単身赴任中のお宅で、エアコン取り付けが今回は2台・・・工事の内容は、1台が通常の露出配管で、もう一台はちょっと変則的な隠蔽配管です・・・但しご取り付け希望のエアコンはマルチタイプなのですが、外に電源が無く室内より変圧(100v→200v)後に室外機に引き込む工事が必要です。
次にお伺いしたのは東京都大田区のH様宅で、こちらは2年ほど前に当社で工事をさせて頂いたリピーターさんでした。
今回のエアコン取り付け箇所は、新たに3階のお部屋にということで、先ずは室外から外壁等の様子を拝見しました。
ご主人のご希望では3階からの室外機を、2階ベランダに設置したいとのご希望でしたが、外部の配管化粧カバーの取り付けの難が有り、結局は3階から1階の地面に室外機を置くことに成りました。







私の本日の訪問現場は2件で朝一番には、作業員たちと一緒に川崎市中原区のN様宅にエアコン5台の交換に伺いました。
こちらのお宅に設置されているエアコンの内訳は2台と3台セットのマルチエアコンを全てシングルタイプに取り替えるのです。
マルチエアコンと言うのは、室外機が1台で室内機が2〜3台仕様できるというもので、室外機の置き場所が狭い場合などに重宝するのですが、反面室外機が故障すると、全ての室内機がストップしてしまうというリスクがあるのです。
本日のN様宅はその上まだ他にシングルタイプが2台あるため、室外機の置き場に苦慮しましたが、2段置きの台を3つ用意して何とか建物横のタイトなスペースに7台の室外機を無事設置しました・・・といいましてもこちらのエアコン工事はこれで終了ではなく、5月20日過ぎから建物の増築が始まり、冷媒配管の隠蔽工事(用語集参照)から初め、取り付けまで2台の工事が残っているのです。
本日2件目にお伺いしたのは、当社エアコンのファミリーの有った横浜市神奈川区に、K様ご一家をお尋ねしました。
こちらは以前お宅で使われていたエアコン3台の取り付けと成ります。
全てエアコンは購入から2年未満と言うことで、配管類は再利用が可能と言う判断をしました。
工事の内容は穴あけから配管化粧カバーまでのフルコース?です。







本日一番に現場にお伺いしたのは横浜市泉区のS様宅で、こちらは新築の2世帯住宅です。
2ヵ月ほど前に一度お打合せにはお邪魔したのですが、内容が一部変更に成りましたので、再度のお打合せと成りました。
新品エアコン5台は既に当社でお預かり済みです。
取り付け箇所の再確認と室外の配管化粧カバーの色の確認もアイボリーと言うことで無事終了・・・後は施工を残すだけ。
次にお伺いしたのは川崎市幸区のI様宅で、こちらは2台マルチエアコンの入れ替えです。
I様のご心配は壁などに穴を開ける事無く工事が出来るのかと言うものでした。拝見した結果、現在の設置状態も2台マルチエアコンで、配管は壁の中に隠蔽されており、これを再利用するので一切穴などは開ける必要は無い旨、丁寧にご説明させて頂きました。
こちらのお客様も工事日が決まると、エアコンを当社で代理受領しお預かりと成ります。








今朝は強風の中、東京都世田谷区に建つH様宅にお見積もりに伺いました。
さすが世田谷区と感じさせるようなセンスの良いお宅に、今回はエアコン3台の取り付けです。
中にお邪魔してみると、外と同じくとっても洒落たデザインで、階段周りに吹き抜けなどもあり、H様ご夫妻の趣味の良さがしのばれます。
但し階段周りの吹き抜けは、そこからクーラーの冷気が下に逃げてしまうので、サーキュレーターなどによる対策が必要です。
次にお伺いしたのは横浜市戸塚区内で、エアコン2台の移転を計画中のK様宅で、新しいお宅に付いているエアコンを取外し・処分し、移転の2台を再取り付けします。
こちらは既に工事日の決まっているお客様です。








本日も又、お客様宅へのご訪問は2件・・・最初のK様宅へは都内環状7号線をひた走り練馬区へお伺いしました。
私がご自宅に到着した時にはまだ帰宅されておらず、その間にお打ち合わせの下準備で建物の周りを拝見させて頂きました。
K様の敷地は周囲に充分なスペースが摂られており、工事に支障は無いように感じられ増した。
私が到着してから(私が少々早く着き過ぎ)30分程して、ご主人とご子息(ぐっすりと爆睡でした)がお帰りに成りました。
1階から2階に4台のエアコン取り付け、外はアイボリー色の化粧カバーで無事打合せは終了。
次に向かったのは都内世田谷区に新築中のH様宅で今度も早く着き過ぎました・・・お客様の到着までに担当の設計士さんとご挨拶させていただきました。
H様が到着されてご挨拶も早々に、エアコンの打合せに入りました。
お立会いいただいたのは、H様の後主人と設計士さん、工務店さんのご担当お2人そして私の計5名。
各部屋を回り、エアコンの取り付け位置、コンセントの位置の確認と、開けていただくスリーブ(配管用の穴)の位置を正確に出しました。
かなり凝ったデザインですので、工事もちょっと頑張らなければと思いました。







本日のご訪問は2件・・・最初は東京都世田谷区に建つ、大きな3階建の前でM様のご主人とお子様お二人のお出迎えでした。
こちらは全部で8〜9棟ほどの建築現場で、ほとんどが現在建築中でした。
今回のお打ち合わせのメインは3階部分に取り付けるエアコンの配管・化粧カバーを外側の足場がある内に施工したほうが良いだろうと、ハウスメーカーさんからの提案が有った為に、早めの現場打ち合わせとなったのです。
3階から1階にとなると、やはり足場が有ると作業は格段に楽なのです。
次に伺ったのは一気に横浜に取って返し、金沢区東朝比奈のO様宅のエアコンの付け替えのご相談でした。
今回お客様のご心配は、付け替えに200vのダイキンの「うるるとさらら」を希望した場合に、既存のエアコンを取外し後のスリーブ(配管用穴)、スペースがうまく生かせるのか?と言うことでした。
お家の内外、配電盤を拝見してお客様にはOKサインを出させて頂きました。工事の内容は、エアコンの脱・着、配管化粧カバー、電圧(100v〜200v)変更、コンセント(100v〜200v)変更、既存エアコンの搬出・処分までを請け負うことに成りました。
新規のエアコンはお客様がネットで購入し、当社が代理受領と保管をさせて頂き、作業当日作業員が搬入します。






今日のご訪問先は当社からわずか5〜6分(横浜市神奈川区)の所に建つI様宅で、現在開業しているペットホテルをこちらに移転する計画中です。
現場は木造の3階建で、その3階部分にペットホテル用4部屋、1〜2階部分をご夫婦の居住用として、エアコンは2階LDKの200v用を含め全6台の取り付けと成ります。
3階から室外機をGL(地面)置きが2台とベランダ置きが2台、2階からGL置きが2台と成ります。
台数もあり配管長もあることから、見積もり金額は極力頑張って低くお出ししますとお約束しました。








本日のご相談見積もりの現場は、小田急多摩線はるひ野駅前に建つ新築
マンションで、A様をお尋ねしました。
エアコンの取り付けは全部で5台なのですが、建物内を拝見すると、配管の隠蔽仕様が2箇所あり、それぞれが冷媒管は上の壁の中へ行き、配水管(ドレーン管名下方向へとそれぞれがばらばらな方向に向かう為、お客様の望まれる室内・外の配管化粧カバーの施工に無理が予想されるのです。
本日の結論としては、現場の壁とスリーブの関係が、かなりタイトでデリケートな施工に成りそうなので、当日にカバーのパーツの種類を余分に用意して、現場で色々組み合わせをしてみる事に成りました。
久々にかなり神経を使い、作業員のセンスと腕の見せ所に成りそうです








本年初仕事で1月5日の日にあるハウスメーカーの監督さんに呼び出された
現場の、今日はエアコン5台取付け、内隠蔽配管2台分の仕上げの日でした。
こちらの御宅はお施主様がとてもお忙しい方で、1番最初の隠蔽配管施工のお打ち合わせも、私と現場監督で済ませ、今年に入ってやっと残りの3台の現場打合せを、1度だけさせて頂いた状態で今日を迎えたのです。
作業員3名を同行し作業は開始したのですが、肝心のお施主様が10時になっても、到着せずやっと連絡がとれたのが10時40分頃、そして現場に到着されたのが12時ジャスト・・・私を信じていくら打ち合わせ済みとはいえ・・・もう!壁の穴あけなどは位置に間違いがあったら、それこそ取り返しの効かない事に成るのです。
勿論工事の流れに間違いはなかったのですが、私を信じるにも程が有ります・・・(笑い)m(_ _’)m
1部テラスのタイル張りとエアコン室外機の取り付けが被って、仕事が残って仕舞ったところが有りましたが、残りの隠蔽周りの複雑な箇所も無事終了させて頂きました。・・・ほっ!!









本日朝一のお仕事は、横浜市金沢区に建築中のT様宅に作業員3名を引率の?引卒といっても遠足でもあるまいし・・・実はこちらの御宅のエアコン取付け工事は、ちょっと?難しい?ので、お客様としっかり細かい作業の段取りを、作業員を交え、やりたかったのです。
とは言っても自分でお見積りに伺った現場は、全て顔を出させてもらうのが基本と私は考えています。
私が間に入ることによって、お客様と作業員の工事に対する考えを上手く形にする事ができると考えています・・・でも今回は同行の作業員が素晴らしい手順組立をしてくれて、とってもグッドでした。
次に私が向かったのは、東京都品川区に現場見積りでした。
地元の電気販売店さんからの相談で、既存のガスエアコンを通常のエアコンに付け替えるというものでした・・・と言っても作業員一人でできるような工事では無かったのです。
現場は3階建てのマンションの3階ベランダ、と云うところまでは良いのですが、天井から吊り下がったエアコン室外機本体がベランダの外に飛び出して居るのです。
非常に神経を使う取り付けに成りそうです。
作業員2人以上での仕事です・・・ちょっと怖い?最大注意で頑張れ。








新年の初仕事はあるハウスメーカーの監督Aさんからの電話で始まりました。
H様と云うお客様の新築住宅にエアコン用の配管他を先行施設したのは去年の暮れも押し迫った頃でした。
当社は監督の指示通リに建物内2箇所でその工事を行いました。
今回その内の1箇所で不都合が起きたので、私に至急現場に来て欲しいとの事。
急ぎ現場に出向いてみると、監督の指示で施設した配管の出口の場所に、本来はドレッサーと明かりを取り付けるはずだった事を、なんとすっかり忘れていた、と言われたのです・・・ったくもう!
とは言え、お施主さんには迷惑を掛けられませんので、なんとか配管の向きを騙し騙し変えてゆき、なんとか収めてきました。
この程度で大事にならず一先ず・・・ほっ!!









本日最初の仕事は朝9時から都内世田谷区のS様宅でのエアコン4台取付の立会いでした。
こちらのお宅の場合、裏の住宅がかなり迫ってきていることから、裏に設置する室外機2台を最初に考えた位置より右横の敷地へ、思い切り配管を伸ばし設置することに成りました。
工事にはお金は掛かってしまいますが、のちのち隣地との問題を残さない事を選択されたのです・・・お陰様で、エアコン取付け工事は全て無事終了!
次に私がお伺いしたのは同じく都内で、今度は大田区に建築中のN様宅、小ちゃなお子様のいる素敵なご家族です。
こちらでのご心配も最初の御宅と同じに、裏にある隣地との境界が迫っていることからやはり室外機を何処に置いたらば良いか?とのご相談が主でした。
現場を正確に実測し、私の出させて頂いた結論は、工事費の事も考え最良の場所に室外機を置くことは出来るはずです・・・但しある一定のサイズ以下の機械に限定されますが、というものでした。
そして連休明け(1月10日)にはメーカーにも相談しながら、機種選びを頑張って見ますとお約束しました・・・何とかせねば!!








先日の18日に一度お伺いした、横浜市港北区のマンションに再度お打ち合わせでうかがいました。
前回はお住みに成っている方がご不在で、内部の確認が出来なかった為の再訪問でした。
室内はマンションの3階4階が続がったメゾネットタイプで、3階吹き抜けのLDKに4.0k、4階の寝室に2.2kの2台(現マルチタイプ)、4階の洋間に2.5k(シングルタイプ)の計3台の入れ替えの計画です。
但しこちらのマンションはデザインが非常に凝って居る為素敵なのですが、室内室外ともに少々特殊な隠蔽配管で、室外機のセット位置も要注意!特にシングルタイプは室内での出し入れはお部屋の高窓からとこれも要注意です!
来週には別棟のエアコン入れ替えのお見積もりが入ります。




株式会社マツミコーポレーション 
(エアコンのファミリー)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町328-3
TEL.045-548-5200
FAX.045-345-4016
0120-502-632

info@aircon-family.jp